聞きまとめライターとして<50記事>を達成!

シェアしてみる

ランサーズで仕事をしていただけの状態から、
一歩、踏み出した私。

単価がめっちゃ低くて、
やっつけ仕事になりがちだった過去。

それが今や、ステキな人との出会いだらけの日々。

聞きまとめライターをはじめて、良かった!

ということで今回は、
聞きまとめライターの活動について
ぶっちゃけてしまおう、という内容です。

聞きまとめライターとして<50記事>達成!

聞きまとめライターとして
サービスをスタートさせたのは、
2017年の8月でした。

この記事を書いているのは
2018年1月ですから

約半年!

うーん、長かったような短かったような。

今考えると、
やっていることが大きく変化したなぁって
しみじみしちゃいますね。

聞きまとめライターのサービスとして
提供した記事数が
ようやく、50記事を越えました!

ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

1記事、1記事、
丹精込めて書いてきたので

どの記事にも思い入れがあります(*´ω`*)

以前やっていた
ランサーズ経由で請け負っていた記事については
そんな風には思わなかったのに。

義務感というか、
ただ真面目に数をこなしていただけだったのですが

今では、ひとつひとつの記事に対して
ぎゅっと気持ちをこめるようになりました。

こんな考え方の変化にも
少し驚いています。

あ、
聞きまとめライターって、なんやねん!
と思ったならば、こちらをどうぞ。

どんな記事を書いたのか?

聞きまとめライターとして、どんな記事を書いたのか。

50記事もある上に、
さっと提示できないようなものもあるので
代表的なところを、サラッと紹介しておきますね。

主に、以下のメディアへ寄稿しています。

オンラインサロンの立ち上げ、運営支援を専門にサポート。オンラインサロンや会員制ビジネス、コミュニティについてお手伝いいたします。
日本一面白いオンラインサロンの生徒が運営するメディア

書くことで応援できるってステキ

聞きまとめライターのサービスをやっていて
とくに実感したのが

記事を書くのって、応援するキモチが大事
だということ。

聞きまとめライターとして書いているときは、

  • どう表現したら、伝わりやすくなる?
  • 依頼してくれた人も、記事を読む人も
    どちらも満足してもらうには、どう書くべき?
  • スッと読んでもらうには、どんなデザインが最適?

こんなことばかり考えています。

もう、
全力で応援してます。

だから、楽しいんですね。

Webライターとして記事を書けば、
削除されない限りは、ずっと残り続けます。

だから、楽しい以外にも、
責任感も、ちゃんともって取り組んでいますよ。

って、当たり前ですね。

まとめ

「もっとやらなくちゃ」

「まだまだ修行が足りない」

私って、そう思うクセがあるのですが
ここは素直に喜んでおこうと考えて、この記事を書きました。

ホラ、達成グセをつけると
行動力が上がるって、よく言うし。

自己肯定感も上がるってね。

Webライターとして続けていきたいなら、
自分でどう評価するのか、って大事ですよね。

いろんな作業を数値化して、
それをクリアしたら、喜ぶ。

私には、それが合っているみたい。

というわけで

50記事を達成した~報告でした(*´艸`*)

次は、100記事を達成したら、
またこういった振り返りぶっちゃけ記事を書こうかな
なんて考えてます。

ここまで到達したあなたへ「おみやげ」です*:.。.:*ドウゾッ*:.。.:*(●´ω`)ノ



ここまで読んでくださって
ありがとうございます!


ステキな縁を感じる あなたへ


●どうぞ「おみやげ」をお持ち帰りください●



ブログが続けられない?
ハードルを感じる?

講座ではブログを続けるためのヒントを
7日間かけてお伝えします!

ブログで発信し続けて
人生をハッピーな方向へ
激変させましょうね♪




聞きまとめライターとして<50記事>を達成!
この記事をお届けした
「聞きまとめライター」くるみんの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアしてみる

スポンサーリンク
トップへ戻る