地方の在宅ライターってどんなスケジュールで動いてるの?

シェアしてみる

地方で、在宅で、Webライターをやっています。
組織に属しているわけではなく、個人で。

つまり、フリーランス、という枠に入りますね。

在宅ワークで、ライター活動って
一体どんなスケジュールで、
どういった生活をしているの?

私のリアルな状況について
お見せしていくのが、今回のテーマ。

「これから在宅ライター活動をしたい!」

「地方での仕事事情に興味あり!」

「フリーランスに憧れているけど、具体的なイメージがわかなかったんだよね」

そんな声の答えになればいいな、
と思っています。

在宅ライターの1日のスケジュール

平日のいつもの1日のスケジュールを
ざっくりとご紹介していきますね。

06:00 起床・朝食・身支度

08:30 子どもたちを保育園へ送る

09:00 午前の作業

12:00 ランチ

13:00 午後の作業

16:00 子どもたちのお迎え

17:00 帰宅・家事

19:00 夕食・風呂・フリータイム

21:00 子どもたち就寝
(一緒に寝てしまうことも多々)

22:00 フリータイム・就寝

基本的には、時短勤務と同じイメージですね。

9:00~16:00くらいまでが
勤務時間、みたいな。

意外!?地方だからこそ恵まれている環境

なにが恵まれているかというと、
保育園!

私は、在宅と言いつつも、
実家の事務所を間借りしていまして。
(実家は小さな会社をやっています)

その事務所から徒歩5分の場所に
保育園があるんですね。

地方だからか、その保育園には
あまり頑張らなくても入れました。

(厳密に言えば「認定こども園」ですけれど)

だから、徒歩でも、30分弱で
送迎の全工程が済んでしまうんです。

実家から自宅までは
大人の足で、徒歩15分程度。

車だったら5分!

ありがたいことに
かなり便利な環境に身を置いています。

在宅ライターとしての活動は平日の昼間のみ

土日は、ほとんど
子どもたちの相手をしています。

夫はシフト制で、
土日でもバンバン仕事が入っているので。

もし休みだとしても、
面倒をみてくれないタイプですし(;´・ω・)

お昼寝の合間に作業できるかも
なんて、やっていた時期もありました。

ただ近ごろは、上の子が昼寝しないときもあり
作業はほぼあきらめています。

そのおかげで、平日に仕事を終わらせるべく
いろいろ工夫をして
効率よく働けるようになってきました。

東京に住んで仕事をしていた過去

満員電車に揺られて
朝、早い時間から出勤して
夜、終電ギリギリまで働く。

じつは、私もそんな生活を送っていました。

勤務地が数回変わったので
通勤時間にバラつきはありました。

それでも平均で、1時間半くらい?

結構、いや、かなり
しんどかったのを覚えています。

だから切実に思っていたんです。

子育ては、地方で
地元でやろう、って。

ある意味、
夢が叶っていることに気づいた
今日この頃です(*´▽`*)

在宅でフリーランスとして働くのも夢だった

個人事業主、フリーランス、自由に働く。

こんなキーワードに憧れつつ
なかなか一歩進めずにいた私。

地方で、子育てをして
いろんな出会いがあって
やっとそれも叶えられました。

時間が自由に使えることで
あと少しで90歳の祖母に「買い物へ連れていってくれ」
「病院へ送っていってほしい」
なんて頼まれちゃいますけどね。笑

そういうことも含めて
今の働き方には、満足しています。

まとめ

在宅ライターのスケジュール、
いかがでしたでしょうか?

もっと特殊な環境で働いていると思ってましたか?

スケジュール面で見てみれば
思ったより普通、なんですねー。

ただ、フリーランスは
仕事の管理をしてくれる人がいません。

「稼げるライターがやっている仕事管理術」について
こちらでも書いていますので、のぞいてみてくださいね。

在宅ライターとして
自由に働くために、少しでも参考になれば幸いです。

ここまで到達したあなたへ「おみやげ」です*:.。.:*ドウゾッ*:.。.:*(●´ω`)ノ



ここまで読んでくださって
ありがとうございます!


ステキな縁を感じる あなたへ


●どうぞ「おみやげ」をお持ち帰りください●



ブログが続けられない?
ハードルを感じる?

講座ではブログを続けるためのヒントを
7日間かけてお伝えします!

ブログで発信し続けて
人生をハッピーな方向へ
激変させましょうね♪




スポンサーリンク

シェアしてみる

にほんブログ村★参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
スポンサーリンク
トップへ戻る