すすんで読み聞かせたくなる!なごみ系のオススメ絵本<2>

シェアしてみる

絵本って

たくさんあり過ぎて、どれを選べばいいのか

わからなかったりしますよね。

そんなとき

私は子どもと一緒に図書館へ行きます。

図書館には、厳選された絵本がそろっていますから。

「子どもが本をやぶいちゃったりしないか心配」

そんな不安があるかもしれませんね。

私もそうでした。

なので図書館の絵本を読むときは

大人がそばにいることを、しばらくは徹底していました。

子どもがビリビリとはじめそうになったら

やさしく止める。

それのくり返しです。

そうやって子どもは社会のルールを

学んでいってくれます。

図書館でリピート読みする、気に入った絵本があれば

購入して、家で読むこともあります。

そうやって

本当に好きな本を身近に置いておくと

子どもは進んで本を読もうとします。

ということで、今回は我が家にある絵本について紹介していきます!

娘のお気に入りの絵本

子ども部屋アドバイザーの飛花くるみです!

ではさっそく

今回のオススメする絵本を紹介していきますね。

この絵本は、私もお気に入りだったりします。

ここに出てくるお母さんウサギの

包容力がハンパないところが特に!

食べ物をこぼそうが、

顔中ベタベタにして食べようが、

どろんこ遊びでまっくろくろになろうが

ただそばで見守っている姿。

私ならば、やめさせてしまいそうな場面でも

平常心を保って

たんたんと子どものやることを見ているのです。

そしてお風呂へ入れて、おしまいにする。

あんな親でありたい・・・。

あ、この絵本

ちゃんと子ども向けですよ!

私が単に深読みしすぎているだけです。笑

子どもは子どもで、

大人は大人なりの絵本の楽しみ方があるんだな、と

最近気が付いたのでした。

工夫すれば悲しみが驚きに変わる!を学べる絵本

絵柄のかわいさで、つい手に取ったこの絵本。

読み込むほどに、こういう考え方って大事だよね、と

しみじみ考えさせられました。

ストーリーを言ってしまうと面白くないので

この絵本は簡単な感想だけにしておきますね。

この絵本にでてくるお母さんも

素晴らしいお母さんでした!

(こんな親でありたい・・・)

ブックスタートでオススメされた絵本

私の住んでいるところでは、子どもの6ヵ月検診があり、

そのときに絵本を1冊プレゼントしてもらえました。

こういった活動のことを「ブックスタート」って言うみたいですね。

ブックスタートは自治体が行う0歳児健診などで、絵本を開く楽しい体験とともに、赤ちゃんに絵本を手渡す活動です。

絵本と一緒に

絵本を入れられる手作りの手提げ袋もいただきました。

シンプルでかわいいので、

今も使っています♡

娘のときにいただいた絵本がこちら。

赤ちゃん向けなので、内容はとってもシンプル。

動物の子どもたちが、おかあさんどーこ?って探す内容です。

絵柄もかわいいですし、リズムよく読めますよ。

そうそう

先ほど言っていたブックスタートのときに、

読み聞かせの仕方を習いました。

私、子どもを膝の上にのせて絵本を読むイメージがあったので

しばらくこんな感じで読み聞かせをしていたのですが

こっちよりも、

読む大人と子ども、本が

三角形の位置関係になるのがいいのだとか。

↑こんな風に並んで読むイメージ。

子どもの表情や反応をみながら読んだ方がいいから

なんですって。

このやり方で読むようになってから

娘は、読んでいるときに私に話しかけてくるようになりました。

「これ○○だよね~?」

という風に。

絵本の読み方ひとつで、こんなに反応が変わるものなんだな

とびっくりした瞬間でした。

読み聞かせ絵本シリーズ、どんどん更新していきますよー!

履歴はこちらからどうぞ。

すすんで読み聞かせたくなる!なごみ系のオススメ絵本<1>
なごみ系のオススメ絵本を3冊紹介。絵本は子どもの中の世界を広げるきっかけになるもの。読み聞かせを通じて一緒に楽しむことのメリットもお伝えしています。

それじゃ、またね~♪

ここまで到達したあなたへ「おみやげ」です*:.。.:*ドウゾッ*:.。.:*(●´ω`)ノ



ここまで読んでくださって
ありがとうございます!


ステキな縁を感じる あなたへ


●どうぞ「おみやげ」をお持ち帰りください●



ブログが続けられない?
ハードルを感じる?

講座ではブログを続けるためのヒントを
7日間かけてお伝えします!

ブログで発信し続けて
人生をハッピーな方向へ
激変させましょうね♪




すすんで読み聞かせたくなる!なごみ系のオススメ絵本<2>
この記事をお届けした
「聞きまとめライター」くるみんの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアしてみる

スポンサーリンク
トップへ戻る