この賃貸を選んだら失敗しそう!間違っても住みたくない物件の条件

シェアしてみる

 タブレットを見る女性

こんにちは! 賃貸女子の飛花くるみです。
太陽が出ている時間が長くなってきましたねー。朝もいつもより早く目が覚めます。
5時とか。
朝がはやいと、1日が長く感じられて嬉しいです。

さて今回は、「住みたくない」つまり、選ばれない賃貸物件の条件を紹介していきます。

 

外見がボロくて、内装もボロい

個人的には、外観が少しくらいボロっちくても、あんまり気にしません。
実際、今住んでいる物件も、外観は残念な感じです(笑)

 追記:つい最近、外壁の塗り替え工事が行われ、ほどほどにキレイな外観になりました!

ただ内装については、がっつり気にします。
といっても、なにもかもがピカピカ、新品でなくてもいいです。

大切なのは、清潔さを感じられるかどうか。

  • 空気がよどんでいたり
  • 湿気でジメジメしていたり
  • 異臭がしたり

ということが無ければ、問題はありませんね。

お手入れやリフォームがきれいにされていれば、いいんじゃないかな、くらいの認識です。

賃貸物件を考えている人は、それくらいの意識の人が多いのではないでしょうか。

日当たりが悪い

日光がどれくらい入ってくるかどうかは、かなり重要。

健康的な生活を送れるかどうかは、お日様のチカラを、家の中でも実感できるかどうかにかかっている、と言っても過言ではありません。

暗い部屋は、それだけでマイナスな空間です。

もともと暗い立地なんだから仕方がない、で済ませる前に、なぜ暗いのか、を調べるのも大事かもしれません。

私が以前住んでいた物件は、植物が生い茂り放題になっていて、そのせいで部屋が暗くなっていました。

隣が高いビルだったりすると、どうにもできませんけれど…。

設備が汚い、古すぎる

内装と同じで、設備も清潔さを求めますね。

使えればいいっちゃいいのですが、例えば、冷暖房系は旧型になればなるほど、電気代が多くかかったりします。

換気扇などは、使う際の音がうるさい、などがありますね。

キッチンなどの水回りは、最初が汚いと、メンテナンスをしようという気がなくなってしまうので、汚さがさらに加速してしまいます。

設備は、大家さんの「優しさ」が表れやすい部分かな、と思っています。

「優しさ」といえば、以前住んでいた物件での話を思い出します。

入居する前、大家さんにあいさつをした時に、チラリと 「お弁当をつくる」 という話をしたら、なんと、新品のガスコンロを設置してくださったんです!
(もともとガスコンロが置いてない部屋でした)

「ここの部屋はキレイに使うぞ!」と心に誓ったのを覚えています。

女性の大家さんだったのですが、その心づかいがステキで、今でも思い出すだけで、気持ちがポカポカあたたかくなります。

まとめ

賃貸を探すときって、消去法のような気がします。

「ココは無し、ココも無し、じゃあ残ったココかなぁ?」といった決め方が多いですね。

「間違っても住みたくない部屋」が少なくなることを願っています。

近所の音が聞こえやすい部屋も、住みたくないかも。詳しくは参考記事をどうぞ。

それでは、またね~♪

ここまで到達したあなたへ「おみやげ」です*:.。.:*ドウゾッ*:.。.:*(●´ω`)ノ



ここまで読んでくださって
ありがとうございます!


ステキな縁を感じる あなたへ


●どうぞ「おみやげ」をお持ち帰りください●



ブログが続けられない?
ハードルを感じる?

講座ではブログを続けるためのヒントを
7日間かけてお伝えします!

ブログで発信し続けて
人生をハッピーな方向へ
激変させましょうね♪




スポンサーリンク

シェアしてみる

にほんブログ村★参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
スポンサーリンク
トップへ戻る