マジで習得できて仕事もゲット!プログラミングスクールで人生を変える

シェアしてみる

プログラミングを習得するぞ!

そう意気込んだものの、
慣れないことを学んでいるせいで、まったく集中できない。

分からないところだらけで、
いちいち調べるのが面倒になってきた。

なんでやろうと思ったんだっけ?
なんてグルグル考えだして、モチベーションが続かない。

プログラミングを仕事にすれば
カッコいいし、人生が大きく変わると思ったのに。

大丈夫ですよ。

なぜ、うまくいかなかったのかを知れば、
あなたの人生は大きく動き出します。

ここでは、プログラミングをマジで習得したい人、
プログラミングを仕事にしていきたい人が
今、知るべき内容をつめこんでいます。

これからの人生を見据えつつ、
しっかり見ていってくださいね。

プログラミング学習を続けられない、挫折してしまう

プログラミングを習得するぞ!

そう意気込んで、実行に移したものの、
3日間は頑張って取り組んで
あとは、お休み状態。

よくあるパターンですよね。

私も以前、無料で、オンラインの
プログラミング学習サイトを使っていました。

ただ、少し進んだところで、
ストップしてしまってしまいました(;´・ω・)

モチベーションが保てなかったんですね。

ちょっと分からない点でつまづいて
そのままになっていて。

独学なので、どんなペースで進めばいいのか
どれくらい理解できているのか
客観的に見えていなかったこともありました。

また、プログラミングを
どう仕事に活かせばいいのか、分かっていなかった

つまり、
具体的なゴールが設定できていなかったんですね。

これらの原因が合わさって
モチベーションが崩れ去っていたのです。

これから先、仕事がなくなる!?

技術はどんどん進歩し、
世の中が大きく変化している現代。

私たちが取り組んでいる仕事が、
ずっと先もあるという保証は、無いも同然。

プログラミングに関しても
長―――い視点でみれば同じなんですが

いま、プログラミングは
ビックウェーブが来るところなんですね。

学校で、子どもたちにも
プログラミングを教える、という動きもあり

まさに「これから」
必要とされるスキルだということが
証明されているのです。

(1)プログラミング教育の推進
プログラミング教育は、諸外国において学校教育に取り入れる動きが進展しており、日本においても、「プログラミング的思考18」などの育成を目指し、平成32年度より小学校で必修化されるなど取組が強化される予定である。

出典:総務省ホームページ 

小学校では、2020年から
中学校では、2021年から
高等学校では、2022年から

プログラミングが教育必修となります。

なぜ、国をあげて
プログラミング推しになっているかというと

人材が足りないから

なんですね。

ここ大事ですよ。

「人材が足りない」から
今、プログラミングスキルを持っていると
厚遇されやすい、ということですね。

ぶっちゃけて言えば
収入アップが望まれる状況。

だからこそ
子ども向けにも、大人向けにも
プログラミング関連のスクールに
注目が集まっているわけです。

プログラミングを習得して、人生が変わるの?

プログラミングを習得して、
仕事にすれば、人生が変わりそうな予感

あなたもしてきたのではないでしょうか?

プログラミングスキルを持っていれば
在宅での作業が可能になることもあります。

企業などが
プログラミングの業務を外注する
そして、それを受けてフリーランスで働く。

そんな働き方もできるんですね。

ぎゅうぎゅう詰めの電車に揺られて
バタバタ出勤して
今日も上司にネチネチ言われるのかー(ため息)

そんな毎日から
ポンっと抜け出すこともできますね。

例えば
地方の、気に入った場所に移住しても
仕事の心配をせずに生きていけます。

プログラミングの実践的なスキルがあれば
自分のサービスをつくって起業
マジで可能です。

プログラミングスクール比較「選ぶなら環境重視で」

無料で、オンラインで
プログラミングを学習できるサービスが激増中。

どのプログラミングスクールを選べばいいんだろう?

困ってしまいますよね。

本気で習得して
ちゃんと仕事に活かしたい

ここまで読んでいるあなたなら
アツい想いが、しっかりとあることでしょう。

そんな想いがあるあなたに
選ぶためのポイントをお伝えしておきます。

大切なのは、ココ。

  • どんな環境で学べるのか?
  • 困ったときに誰に聞けばいいのか、明確か?
  • どんなゴールが設定されているか?

環境が整ってさえいれば
あまり頑張らなくても
プログラミングを習得できちゃいます。

環境とは、
人、場所、教材など。

私たちは、環境に左右されやすいものです。

静かな図書館では、
声を小さく、音を立てないよう行動しますし

にぎやかな居酒屋では
わいわいとおしゃべりをして
ハメを外すこともできますよね。

プログラミングスクールでも
自分が学習しやすい場なのかどうか

これをしっかりと見極めるのが重要です。

あとは、
具体的なゴールが設定されているかどうか。

ゴールが曖昧だと
最初はやる気があっても
だんだんと怠けたくなってきます。

そこで思い出せる「きっかけ」が
ちゃんとそこにあるのか。

マジでプログラミングを習得するために
ゴール設定があるかどうかにも、
注目してみてくださいね。

無料カウンセリングありのプログラミング教室

個人的に
この、選ぶためのポイントが満たされている
プログラミングスクールを見つけました。

こちらですね↓

プログラミングを習得するのがゴールではなく、
仕事をゲットするところまで込みですからね。

期間も3ヵ月と決まっているので
ダラダラすることもありません。

気になる「環境」ですが
ステキな考え方をするプロ講師がいるので

気持ちも、スキルも
しっかり盛り上げてくれそうです(∩´∀`)∩

フリーランスエンジニアとしても活躍中の講師の声

技術を武器に自分の人生を生きる

技術を身につければ、自分の人生を主体的に決めることができるようになります。この視点の転換を得ていただくことが、年収等で示される数字以上の価値があると私は考えています。

引用:WebCamp Pro

プログラミングスキルは、
まさに現代の武器。

自分をパワーアップするのに
かなり有効なスキルだということが
経験者の声から伝わってきます。

プロ講師常駐!自分のペースで通えるスクール

プログラミングスクール【WebCampPro】
マジで習得して、仕事にしたい人には
最適の環境を用意。

「時間調整が難しいし」
なんて弱音も、一発で吹き飛ばします。

プログラミングスクールは
毎日11時〜22時の間、
いつでもウェルカムな状態なのです。

土日祝日でもオープン。

そしてその中で
自分のペースで学んでいけばいいのです。

ちょっと下の時間割を参考に
イメージしてみましょう。

11時〜13時までは、自学習タイム
なので、ガンガン自分でやれそうなときには
その時間を使えます。

「ここ引っかかってるから、聞きたいなぁ」
そんなときは、13時〜22時の中で
常駐しているプロ講師に質問タイム

休憩を設けて
リフレッシュタイムを作ってもOK。

自分のペースで、といっても
ダラダラひとりで学ぶわけじゃありませんよ。

学ぶべき方向性が
あらかじめ決まっています。

1ヵ月目:インプット

2か月目:グループ制作

3ヵ月目:オリジナルサービス開発

即戦力となるべく
ステップアップできるようになっています。

3か月後には
もう、別人のように
プログラミングスキルを扱えていることでしょう。

子どもとの話題が増える!?プログラミング効果

サッカーとか、バスケとか
子どもが大きくなったら一緒に出来ないことが多いもの。

プログラミングならば、
一緒に楽しめちゃいますね。

もし、お子さんがいるのならば
共通の話題として、大活躍!

実際、先ほども紹介したように
学校でもプログラミングの授業がスタートします。

「いったい何を学んでいるのか、分からない」
って蚊帳の外にいるよりも

「今、こんなところを習っているんだ、
なるほどね~♪」

なんて、
心の余裕をもっていられるメリット
ありそうですよ。

まとめ

POINT

プログラミングスキルは、国が後押しするほど
今とってもアツい!

プログラミングスクールを選ぶために
押さえておくべきポイント3つ

  • 環境が整っている
  • 講師が充実している
  • ゴール設定が明確

プログラミングスキルを習得すれば、
自分らしい仕事ができる!

プログラミング技術があれば、
人生が大きく変わる!

あなたの夢を後押ししてくれる
ステキなプログラミングスクールと出会うことを
祈っています。

無料カウンセリングを申し込むことができる
プログラミングスクールはこちら↓

転職成功率 98%って
なにげにスゴイ実績だなぁ( ゚Д゚)

ここまで到達したあなたへ「おみやげ」です*:.。.:*ドウゾッ*:.。.:*(●´ω`)ノ



ここまで読んでくださって
ありがとうございます!


ステキな縁を感じる あなたへ


●どうぞ「おみやげ」をお持ち帰りください●



ブログが続けられない?
ハードルを感じる?

講座ではブログを続けるためのヒントを
7日間かけてお伝えします!

ブログで発信し続けて
人生をハッピーな方向へ
激変させましょうね♪




スポンサーリンク

シェアしてみる

にほんブログ村★参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
スポンサーリンク
トップへ戻る