【新婚だから悩む】賃貸で2LDKのレイアウトどうすればいいの?

シェアしてみる

結婚したら、まずは2LDKの賃貸からはじめる
もしくは、同棲をするために、2LDKの賃貸を選ぶ

そんなカップルは多いです。

「1LDKだと、子どもが産まれたら狭くなっちゃうし」

「ふたりだと荷物も多くなるし」

これから家族が増えていくことや、
それぞれの持ち物のことを考えつつ、2LDKを選ぶ。

あるあるですね。

ただ、新婚や同棲だからこそ

  • レイアウトに悩んでいる
  • 部屋の使い方がよくわからない
  • インテリアをどうしたらいいの?
  • どんな家具をそろえるべき?

こんな悩みを抱えているカップルがいるのは事実。

ここでは、2LDKで実践できる、

ふたりの暮らしをつくっていくためのヒント

お伝えしていきますね。

この記事を最後まで読むことで

ケンカをしてもはやく仲直りする秘訣知ることができますよ。

それではさっそく、
賃貸で2LDKのレイアウトを制するためのコツをみていきましょう~。

2LDKってどんなもの?

くわしい内容へいく前に、2LDKの定義について
簡単におさらいしておきましょう。

このような間取りが2LDKと呼ばれているものの例です。

「2」とは、部屋が2つあることを示しています。

上の間取りを見ると、
8帖の洋室が2つあるのが分かりますね。

あとは

  • L=リビング(居間。くつろぐところ)
  • D=ダイニング(食事をする場所)
  • K=キッチン

こういった意味です。

日本の住宅においては、
リビングやダイニングが曖昧な感じになっていて
LDKとDKに大きな違いがないことがほとんど。

賃貸ではとくにその傾向が強いですね。

なので、2LDKと表記してあったとしても
しっかり間取り図を確認すべきです。

「LDKって書いてあったけど、ソファセットを置いたらもう部屋がいっぱい」

そんな例はたくさんありますから。

新婚さんが悩みがちなポイント3つ

新婚さんが悩みがちなポイントについて
私なりの視点で答えをポンポンポンッと出していきます。

じつはこれから紹介するのは
実際に、私が新婚のときに悩んだポイントです。

「ヤフー知恵袋」などのお悩み系サイトでも、似たような質問を見かけました。

では、3つのお悩みに対する答えをどうぞ~。

1. どんな家具をそろえるべき?

新婚のタイミングで
家具を買おうと考えているなら
最低限のものでいいのではないでしょうか。

我が家の場合は、食器棚は専用のものを買いませんでした。

大きめのカラーボックスに扉を付けた、
簡単な組み立て家具を使って、とりあえずの食器棚としたのです。
(今もそれ使ってますけど)

欧米では、

「家具は気に入ったものだけを、何年もかけて集める」

「お気に入りの家具は手入れをして、使い続ける」

といった考え方があります。

つまり、気に入ったものに出会うまで
トコトン探し続ける、ということ。

だから、少しくらい値の張るものでも
気に入っているのであればOK!

むしろ、高額だったとしても
丈夫で、長く使える方が得だよね?

そんな考え方です。

それに憧れていることもあり、
焦って一気に全部そろえる必要はないのかな
そう思っています。

2. 2LDKだと部屋があまる

新婚の場合、寝室はふたりで使うから、
2LDKだと、ひとつの部屋が物置スペースになってしまう
こんな声がよく聞かれます。

それだと、なんだかもったいないですよね。

だから、あまっている部屋は
ぜひ活用したほうがいいです。

  • パソコンや本棚を設置して、書斎
  • ヨガマットやバランスオールを置いて、運動スペース
  • プロジェクターを取り付けて、シアタールーム

趣味に特化しても、
リラックスできる場として使っても
良さそうですね。

一番いいなと思うのが、2LDKのうち、
あまっている部屋に簡単な間仕切りをして
それぞれの個人スペースにすること。

これについては、次の
個人的なスペースがない
という悩みの解消にもなりますね!

3. 個人的なスペースがない

ラブラブだから、
個人的なスペースなんていらないもん♪

最初はそう思いがちですが
ふたりで暮らすとなると、絶対に絶対に
ひとりになりたいタイミングがきます。

誰かとケンカをした後をイメージしてみてください。

同じ空間にいるのが
息苦しいときや、
怒りがなかなかおさまらないとき、ありませんか?

他にも

  • 仕事でイヤなことがあって、心の整理をしたい
  • プラモや読書など、ひとりで没頭したい趣味がある
  • パートナーに内緒で日記を書いている

そんなときに、
ちょっとひとりになれる場所があれば
そこへ逃げ込むことができますよね。

個人的なスペースで、
ひとり落ち着くことができれば

ケンカをしたとしても冷静になりやすいですし、
自分だけの時間を持ちやすいです。

インテリアにこだわるのはふたりの生活が固まってから

新婚なので、
お互いの生活スタイルを知っていくことが最優先。

インテリアにこだわるのは、
お互いがふたりの生活スタイルを把握してからでも
十分間に合います。

同棲期間が長くて、
どんな生活リズムなのかよく知っているケースは別として

たいていのカップルは、相手のしていることに
はじめは驚くことばかりです。

あなたにとっての「当たり前」が通じなかった
という場面に何度も出くわすはず。

それが原因でケンカになることだって、
新婚のときはよく起こります。

だからこそ、先ほども言ったように
ひとりになれる、自分だけの空間が必要なんです。

2LDKだったら、
そんなスペースをつくりやすいですよね。

2LDKのレイアウトはどんどん変えてもOK

新婚とはいえ、お互いに仕事をしていると
いそがしくて家のレイアウトどころじゃないかもですが

「定期的にレイアウトチェンジをするイベント」
ふたりで開催するのもいいですよ。

レイアウトに正解はないので
どんどんいろんなレイアウトに挑戦してみればいいんです。

  • テレビの位置や向きを変えてみる
  • テーブルの置き場や方向をズラしてみる
  • 収納の中身を入れ替えてみる

レイアウトを変えるといっても
全部をまったく変えてしまうのではなく
部分的にちょっとだけ変えるというのもOK。

レイアウトが変われば、新鮮な気持ちになれますし、
協力し合うことで、
ふたりの家族としての意識も高まりますよ。

レイアウトチェンジをする際には
こちらのサイト、かなり参考になります↓

生活雑貨

特に注目すべきは、
狭活03「狭くても片づけられる!なるほど空間活用」の部分。

賃貸だと特に

  • 収納が少ない
  • スペースが限られている
  • 自分に合った収納グッズ探しが面倒

これが悩みのタネとなることが多いもの。

その「解決アイテム」が数多く見つかります。

特に洗濯機ラック!

カーテン付きとか、
棚板の位置を変更しやすいものとか、
デザインに凝ってるのとか、
とにかく可愛いのがそろってます。

ホームセンターじゃ見つからないタイプばかり。

画像をクリックすると、
この洗濯機ラックのページにとびます↓

そうそう、セット買いもお得なので、
新婚で、インテリアをこれから揃えたい場合は
要チェックですよ~ヾ(*´∀`*)ノ

生活雑貨

まとめ

POINT

  • 家具は焦ってそろえなくても大丈夫
  • ひとりになれるスペースを確保しておく
  • インテリアの方向性はじっくり決める

新婚だからこそ、真っ先に暮らしの空間を整えるよりも、

ふたりで暮らしていく心の基礎をつくる

こっちの方を重視してもらえればいいのかな、と思っています。

はじめからすべて完成してたら
なんとなく面白くないですもんね。

部屋を少しずつ、
自分たちっぽくカスタマイズ
していくのを

ふたりで、人生をかけて楽しむ。

私も、夫と
そんな風にやっていくのが理想です。

なので
「定期的にレイアウトチェンジ」を開催して
ちょっとずつ、ゆる~く取り組んでいます。

次の記事へ▶▷▷

ここまで到達したあなたへ「おみやげ」です*:.。.:*ドウゾッ*:.。.:*(●´ω`)ノ



ここまで読んでくださって
ありがとうございます!


ステキな縁を感じる あなたへ


●どうぞ「おみやげ」をお持ち帰りください●



ブログが続けられない?
ハードルを感じる?

講座ではブログを続けるためのヒントを
7日間かけてお伝えします!

ブログで発信し続けて
人生をハッピーな方向へ
激変させましょうね♪




スポンサーリンク

シェアしてみる

にほんブログ村★参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
スポンサーリンク
トップへ戻る