収納のバランスの良さって何?片付けしやすい賃貸の条件

シェアしてみる

クローゼット

こんにちは! 賃貸女子の飛花くるみです。
個人的に、株主優待生活をしている桐谷さんが好きです。
自転車をかっ飛ばしてゆく姿や、優待を使いきってやるぞという根性がたまりませんね。

先日、「月曜から夜ふかし」という番組で桐谷さんの家をお片付けしていましたが、あれも、おもしろかったですねー。

お片付けネタということで、予告どおり、今回は収納についてのお話。

スポンサーリンク

収納の種類アレコレ

前回の記事:「増えるモノたちとの闘い」にも書きましたが、モノを片付けるって結構パワーがいりますよね。

ただ、収納のスペースや位置によって必要なパワーが違う気がします。

収納といえば、押入れ、クローゼット、ウォークインクローゼットが主。
ロフトがある場合もありますね。

賃貸住宅なので、納戸や屋根裏、階段下、外部収納は考えないということで話をすすめていきます。

残念な収納スペースとは

「収納」があればいいだろ的な空気がただようスペースは、とても残念です。

収納を1ヶ所に集約してしまうパターンがそう。
「ウォークインクローゼットがひとつあるからいいよね」という発想は、片付かない部屋への道をまっすぐ歩いているようなものです。

なぜなら
ひとかたまりになっている、大きな収納スペースは無駄を生みやすいから。

まず、モノを取り出すための通路が必要になってきますよね。
そして、モノを仕切る棚など、区分けするアイテムも必須。
さらに、綿密な収納計画を立てなくてはいけません。

これができていないと、あっという間にカオス、つまり、ぐちゃぐちゃの物置になってしまうのです。

それに、使う頻度が違うものが、混在してしまいがちです。
服も、掃除機も、布団類も、バッグも、浮き輪も同じスペースにある状況。
「あれ、どこやったっけー?」と探すことが多くなる気がします。

また、押入れなどの奥行きが深い収納も、ちょっと残念。
しまうのに苦労しやすいからです。
奥に何を置いたのか、忘れることだってしばしば。

後ろ側と前側にスペースを区切って、季節のものを入れ替える技を使う方もいますが、それはちょっと上級者向け。
収納ケースなどを入れて、タンスっぽく使っている方が多いのではないでしょうか。
(我が家もそのパターンだけど、変なすき間があちこちにあるのが不満かな)

標準的な押入れの半分(タテ割)あれば、布団類は充分にしまえます。
もう半分は、もっと別な収納の仕方ができれば嬉しいんですけどねー。

片付けが苦手な人でも大丈夫な収納とは?

大切なのは、所持しているモノを把握しているかどうか。

これができないために片付かなくて悩んでいる人が多いようです。
なので、パッと中を見渡せる(把握できる)収納スペースが良いわけです。

具体的にいうと、

    • 奥行きが60cmほどのクローゼット
    • 扉がついていないオープンな棚

とかがいいのではないでしょうか。

そして、生活エリアごとに収納を設置するのも、よさそうです。
必要なところに、必要なだけのスペースがある、というのが、片付けやすい部屋へのカギ、らしいですから。

リビング、個室、脱衣室、玄関など、それぞれに、奥行きの浅い収納を設けるだけなら、そんなに大きくスペースを取らないはずです。

掃除機など、使った後にサッとしまえる場所があれば、そうじも精神的に楽です。
ごちゃごちゃの物置から取り出して、またそこへしまいに戻るのでは、ストレスをためてしまいますもんね。

まとめ

収納は生活に深ーく関わってきます。

つまり
「収納を制する者は、家事を制す!」(笑)

そこまでかは分かりませんが、意外と見過ごしやすいところだと思いますので、他の物件と差別化するチャンスかもしれませんよ。

それでは、またね~♪

収納のバランスの良さって何?片付けしやすい賃貸の条件
この記事をお届けした
「聞きまとめライター」くるみんの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
ここまで読んだあなたに「おみやげ」です.+゜ヽ(o`・∀・´)ノ.+゜
ここまで読んだあなたに
「おみやげ」です.+゜ヽ(o`・∀・´)ノ.+゜

【どうぞ「おみやげ」をお持ち帰りください】


ブログが続けられない?
ハードルを感じる?

ここにはブログを続けられるヒントが
盛りだくさん♪

クリックをすれば、人生がグンッと進みます。


スポンサーリンク

シェアしてみる

スポンサーリンク